忍者ブログ

ジャンクパソコンが好きだ!

パソコン初心者の私がジャンクパソコンを危なっかしくいじるブログです。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なぜそれを食おうとする。今年もキノコ中毒の季節がやってきました
台風の到来と共に秋になり、すっかり過ごしやすい陽気になりましたが、その秋ならではのニュースが目に留まりました。
採取した毒キノコによる食中毒です。
今回の例はいずれも茨城県在住の60代の男性とのことですが、生活に困窮しているわけでもないのに、なぜこうも毎年同じ話題が出るのでしょうか。
山に入る楽しみ、醍醐味の一つというのは充分に理解できるものの、もう少しリスク管理が必要ではないかと思います。
また具合の悪い事に、猛暑が記憶に新しい今年の気候は、9月に入ってからぐっと気温が下がったことも手伝って、それら毒キノコの「豊作」を助長しているのだそうです。
筆者には未知の領域でしたが、気になって調べてみたところ、
・きのこを採取してよいのは、基本的に「国有林」のみ。地主のいる山ではそもそも採ってはならない。
・きのこは毒性があっても、手で触れる分にはほとんど害はないそう。例外は「カエンタケ」で、これは唐辛子のような形をしており、食べた時の致死性の高さはもちろん、汁が付着するだけで肌がかぶれるのだとか。
・毒きのこの判別法は迷信や嘘も多く、インターネットではなく現地の博物館や林業試験場などのしっかりした機関や権威を選んだ方がよい。縦に裂ければ安全、虫が食っていれば安全、派手派手しいものは危険、などは全て迷信である。
ざっとの調査でもこれだけの情報が得られました。
ここで出てきたきのこの研究機関ですが、例えば大阪の自然博物館などには、きのこのサンプルを送ると調べてはくれますが、例え食べられるものでも調べてもらっている間に劣化してしまうでしょうから、これは学術的な側面が大きいといえるでしょう。
食べられるかどうかを判定してくれる機関では、群馬県の林業試験場が見つかりました。事前に連絡(027-373-2300)しておけば鑑定依頼ができるそうです。
また写真を撮ることで種類を判別してくれるスマホアプリもあるようですが、これは食用かどうかをその場で知るには精度の面で全く当てにはできないようです。あくまで親子で名前を当てて楽しんだり、標本として採集したりする時に利用するべきでしょう。
食の安全が叫ばれる一方で、こうした消費側個人個人のリテラシーはSNSなどのネット上だけでなく、実生活でもまだまだ低いのだろうかと感じました。
PR

コメント