忍者ブログ

ジャンクパソコンが好きだ!

パソコン初心者の私がジャンクパソコンを危なっかしくいじるブログです。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

薬物アレルギー。症状と種類

薬物アレルギーの症状で最も一般的なのが、湿疹やじんましん、目のかゆみなどの皮膚に起こるトラブルです。

皮膚のかゆみは人によって症状が異なり、多少かゆいかなという軽度のものから、全身に湿疹が発生し、黒く変色したり皮膚が剥がれるなどの重症の人まで、さまざまです。

薬物アレルギーが皮膚にあらわれると、かゆみ以外にもむくみや浮腫、さらに紫外線に当たって発疹が発生する症状などもあります。

皮膚以外では、内臓に症状が出る場合もあります。肝臓や腎臓の機能障害、胃腸障害などの症状が起こります。

その他には気管支炎や発熱、そして命に関わるといわれるアナフィラキシーショックがあります。

アナフィラキシーショックとは、急性のアレルギー反応で、血圧が急激に下がり呼吸困難を引き起こします。ひどい場合は死に至るケースもあるので、薬物アレルギーの中では最も注意を要する症状です。

また、薬物アレルギーが喘息や声帯の腫れを引き起こし、呼吸困難に陥ったり、消化器官に働きかけて、嘔吐や下痢などの症状が出ることもあります。

アレルギー反応は薬を服用した直後に現れる場合もあれば、時間がたってからあれわられることもあり、その症状も人によって様々です。アレルギーの心配のある人は、飲んですぐに症状が現れなくても、翌日まで様子を見守るようにしましょう。

口臭を予防する方法

PR

コメント

コメントを書く